探偵の調査の種類

主に浮気調査

決めるのは自分

生活上の悩みごとを解決したい場合には、探偵に調査してもらうのも一つの方法です。 世の中には多くの探偵事務所があり、さまざまな調査を行っています。その例として、浮気調査・法人や個人の信用調査・家出人調査・ストーカー調査・盗聴や盗撮に関する調査などがあります。 特に依頼が多いのは浮気調査であり、取扱案件の六割程度を占めるといわれています。 これまでは妻が夫の不倫を疑い、調査を依頼するケースがほとんどでした。しかし近年は、夫が妻の異性関係に悩み、証拠をつかもうとするケースも増加しています。 探偵事務所に浮気調査を依頼する時には、初めに電話かメールで面談申し込みをします。 その後、探偵と話し合いを行い、相談内容や調査方法、料金などについて打ち合わせます。 できれば、対象者が浮気相手と会いそうな日時を突き止め、調査期間を設定すると良いでしょう。 さらに、探偵側には対象者に関する詳細なデータを提供します。 対象者の写真はもちろん、身長や体重などの数値・勤務先・仕事内容・通勤経路・立ち回り先・自家用車の車種やナンバー・平日と週末の過ごし方など、多くの事柄が必要となります。 探偵はこうしたデータから調査計画を立案し、尾行や張り込みを実施します。その過程で対象者と浮気相手が会った場合には、証拠となる写真や映像を撮影します。 調査が済めば、対象者の行動記録や証拠写真などをまとめた報告書が依頼者に渡されます。依頼者は調査料金の支払いを済ませた後、今後の対応を熟慮することとなるのです。

Copyright © 探偵のさまざまな仕事内容と浮気調査の実際について All rights reserved